雑記

マスクの転売禁止ってハンドメイドマスクも販売禁止?クリーマやミンネはどうなる

マスクの転売禁止が法で定められました。

じゃあハンドメイドマスクも販売禁止なの?って気になりますよね。

 

ここでは

・転売禁止はいつからなのか

・何が違反に当たるのか

・ハンドメイドマスクも販売禁止なのか

・ミンネやクリーマではどうなるのか

・手作りマスクの販売は違法?

 

といった内容でお届けします。

 

1年以下の懲役または100万円以下の罰金

適用は3月15日からです。

 

違反者は懲役1年以下または100万円以下の罰金。

 

この基準は「チケット転売」などと同じ罰則基準になっています。

 

ただこの今回の罰則は厳しい部分もあるんです。

 

それは、1円でも利益がでたらダメというもの。

 

もともとは、マスク1枚1000円とかマスクは100円だけど送料が1万円。

 

そういうひどい転売が問題視されて今回の対応になったわけです。

 

利益が出たらダメということは100円で買ったものを110円で売ってもダメ。

 

でも逆に、転売業者から5000円で買ったものを4000円で売るのはOK、ということになりますよね。

 

この辺の細かい解釈がはっきり言って誰も説明できない。

 

なので、こういった混乱を防ぐという意味もあると思いますが、フリマサイト、オークションサイトではマスクの出品自体を停止するようです。

 

 メルカリのマスク出品状況

 

メルカリでは手作りマスクはまだ販売されてます。販売停止になりました。

 

2枚で400円くらいの価格が多い印象。手作りの値段としては妥当なんじゃないかなーと思います。

メルカリ、ラクマは3月13日からマスクの出品をとりやめています。

 

ミンネでのマスク出品状況

HPからのリンクで「マスク出品に関して」というページが追加されてました。

 

3月15日よりマスクの出品を一時的に禁止すると発表されています。

 

詳しい内容は下のリンクから

 

https://minne.com/infos/1701

 

クリーマでのマスク出品状況

ハンドメイド品の販売サイト、クリーマでもマスクは出品されています。

 

プロの作家として活動している人も出品するサイトなので、価格帯は少し高い印象です。

 

1枚1000円以上という商品もたくさんあります。

 

 

クリーマでは、2月に作家あての配信メールでマスク出品を勧めていました。

 

販売手数料をコロナ対策の団体に寄付するためということです。

 

今回は、「手作りマスク・手作りマスクキット」作品募集のお知らせでご連絡いたしました。

現在、街のドラッグストアでは市販の使い捨てマスクが品薄となっており、マスクの入手が困難な状況が続いています。
そのため、洗って繰り返し使える、布やガーゼを使用した手作りマスク・手作りマスクキットへの需要が高まっております。

今回クリーマでは、マスクを必要とされている方の需要に応えるため、手作りマスク・手作りマスクキットの作品を募集する企画を実施いたします。
なお、本企画参加作品の売上金のうち、成約手数料としてクリーマが受け取る収益の一部は、
日本赤十字社等を通じて、新型コロナウイルスへの対策を行う関係団体へ寄付させていただく予定です。

対象となる作品がお手元にない方も、作品を制作・出品いただくことで参加することができますので、ぜひご検討ください。
本企画は複数回に分けて、特集やメルマガで発信し、同時にPC・スマホサイト、iOS・Androidアプリ等、様々な箇所で取り上げます。

 

 

3月11日の時点では、マスクについて出品を停止するというようなアナウンスはでていません。

 

追記:

クリーマの事務局に「マスク出品について今後の予定は?」と問い合わせをしていたのですが、回答をいただいたのでシェアします。

こちらもCHECK

【手作りマスクの出品は継続】クリーマから問い合わせの返信が来たのでシェア

手作りのマスク出品は禁止されるのか クリーマの事務局に問い合わせました。   その回答が届きましたので シェアしたいと思います。 クリーマは販売継続 まとめると ・規制はマスクの転売を禁止す ...

続きを見る

 

ネットでマスクが買えなくなる?

これはあくまでも個人的な予測です。

 

例えばコンタクトレンズなんかは個人での販売は禁止されて、メルカリなどには出品できません。

 

でもアマゾンでは普通に買えますよね。

 

これは販売元が個人ではなく、企業だからです。

 

マスクの販売も、個人の出品は停止されますがアマゾンに出品するドラッグストアなどではこれまで通り販売されると思っています。

 

価格がどうなるのかは分かりませんが。

 

マスクは本当に必要な人に使えるようになってほしいですね。

 

 

マスクの転売禁止って自作マスクは?クリーマやミンネはどうなるまとめ

 

販売サイトに関してまとめます。

 

・ラクマ、メルカリは3月13日で停止

・ミンネは3月15日でマスク出品停止

・クリーマは未定出品の規制予定はなし

 

個人での販売が簡単になったおかげで不用品を処分したりが手軽になりました。

 

そのせいか、何かものが不足しそうになると、事前に買い占めて儲けてやろう、という人も増えている気がします。

 

マスクの転売に関しては、これでひと段落するんじゃなかろうかと思ってますが、どうでしょう。

 

これから花粉症シーズンも続きますし、早くマスクが普通に買えるようになってほしいですね。

 

最後までありがとうございました。

やってみた!シリーズ【人気】

1

ペンやっぱり運動不足だとイライラするっすね   ボスカリスマトレーナー達の動画で運動したら?   400以上の動画をみながら、自宅でフィットネスができるというLEAN BODY(リ ...

2

子供が退屈になるとヒマヒマ言い出しますけど、youtubeとかゲームばっかりってのは少し考えてしまいますよね。   この記事ではこんな問題を解決します。 ・子供にゲームや動画以外の遊びをして ...

-雑記
-

Copyright© そ〜なん? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.