下腹のダイエットにはこれ!足上げ腹筋とストレッチでポッコリおなかを解消しよう

スポンサードリンク

下腹のダイエットには足上げ腹筋とストレッチが効果的

下腹のダイエットには腹筋のトレーニングがいちばんですが、ふつの腹筋運動とはすこしやり方が違います。

 

上半身をおこしていく腹筋運動では、おもに腹筋の上のほうが鍛えられます。

 

腹筋はあるんだけど、下っ腹はぽっこりしているという人、いますよね。

 

 

女性のぽっこりお腹は腹筋の下側を鍛えなければいけません。

 

そのためには「足上げ腹筋」というトレーニングをやりましょう。

 

やり方は簡単。

 

 

下腹の腹筋をきたえるトレーニング

 

パターン1
あおむけに寝転がってください。両手を頭のうしろにあてて、少し顔をおこします。

 

片方の足を曲げながら持ち上げて、ひざが90度になるところでストップ。今度は反対に伸ばしながらおろしていきます。

 

おろすときは、「足をきちんと伸ばすこと」「床につかないように、少し浮かせた状態で止めること」

 

片側5回ずつ、10回ずつ、と回数をきめて行います。

 

 

パターン2
基本的にはさっきのパターン1と同じですが、今度は両足を使います。
右をあげる。左をあげる。右をおろす。左をおろす。この順番。

 

足をおろしているときは、床に着けないように。

 

右からスタートを5回。左からスタートを5回というふうに、左右をいれかえます。

 

 

パターン3
これは、最後にやると効果的です。

 

あおむけに寝て両足をのばしたまま、上下にパタパタと振ります。クロールのときのように左右交互に。

 

下腹にすごく負荷がかかっていくのが感じられると思います。回数はきめずに、「もうだめーー」と思ったらそこで終了。

 

 

 

下腹のダイエットのために、この3つの腹筋運動を週に2回、または1日おきにやりましょう。

 

トレーニングは毎日やる必要はありません。やすませることで効率よく筋肉をふやすことができます。

 

 

 

ストレッチも大事

 

下腹のダイエットには、おなかまわりを集中的にストレッチするのも効果的です。

 

お腹のストレッチといえば、「腰まわし」などが有名ですが、毎日続けていればそれだけでも下腹をすっきりさせる効果があります。

 

 

腰回しのやり方

 

腰を大きく、ゆっくりと回す。それだけ。

 

好きな音楽をかけながら毎日5分から10分を習慣にしましょう。

 

腰回しなどのストレッチで一番むずかしいのは、「継続すること」です。

 

 

運動自体はちょっとした空き時間でできることですから、うまく毎日の習慣にとりいれましょう。

 

スポンサードリンク

下腹のダイエットにはこれ!足上げ腹筋とストレッチでポッコリおなかを解消しよう関連ページ

ジョギングとウォーキング、やるならどっち?【脂肪燃焼効果を真面目に考える】
女性でもできる!腹筋の鍛え方