運動と食事のバランス

スポンサードリンク

運動と食事のバランス

ダイエットするときの運動と食事のバランスについて。

 

ダイエットって、つきつめるととても単純な理屈になっています。

 

「摂取カロリーを消費カロリーよりも多くする」それだけ。

 

 

たくさん運動するか、食べる量をコントロールするか、大雑把に分けるとこの2つ。

 

 

通学のために毎日往復2時間自転車をこぐ高校生はいくら食べても太らないし、一日中座っていて全く運動しなくても、絶食して瞑想している修行者はどんどんやせる。

 

やせたければ運動しましょう、食事を少しだけ減らしましょう。ということです。

 

 

でもどちらかに偏るのは危険。運動しなければ筋肉もおちて基礎代謝がへるし、極端な食事制限はリバウンドの原因になり、身体もこわす。

 

できれば、運動しながら基礎代謝をあげて、食事のカロリーを見直す、というやりかたがいい。

 

ジョギングやウォーキングのための時間を日々確保するのが難しい人にお勧めなのは、「エレベーターやエスカレーターを使わないルール」

 

電車からおりて、無意識にエスカレーターの列にならんでいるところを、階段を使う。それだけでも消費カロリーUPです。

 

近所のコンビニにも歩いていきましょう。車で通り過ぎている道に素敵な発見があるかもしれませんよ。

 

 

 

 

スポンサードリンク