リバウンドは防止できる?【断食してもすぐリバウンドする理由】

スポンサードリンク

断食ダイエットのリバウンドを防止する

断食でダイエット。

 

即効性がありますよね。半日断食1回でも1キロ弱くらいは体重が落ちるし、数日で2,3キロ落とすこともできます。

 

でも、だいたいはすぐにリバウンド。簡単にもとどおり。

 

 

「なんでーー」と思ってみたりもするんですが、実はこれは当たり前なんです。

 

 

断食して、体重が2キロ減ったとします。この2キロって、ほとんどが水分で、別に脂肪がへってるわけじゃないんだそうです。

 

 

断食とか、食事制限をしたときに減るのはまず水分で、次に筋肉、最後に脂肪、っていう順番らしいんですよ。

 

だから、体重がちょっと落ちても、断食が終わればすぐにもとどおりになるんです。

 

 

そもそも断食の目的っていうのは「胃腸をやすめる」ことであって、脂肪を減らすことではないんですね。

 

胃腸をしっかりとやすめて、代謝をよくしてあげて、そのあと、それから、がダイエットスタートなんです。

 

 

半日断食を一回やって、胃腸をリセットして、それから食事の量や食材を考えながらダイエットする、というのが正しいルートです。

 

施設で行う長期間の断食なんかだと、10sとか体重が落ちるそうですから、さすがに脂肪も減ることでしょう。

 

でも、その断食が終わった後に、断食する前とおなじ食生活をしたら、やっぱり元に戻りますよね。

 

 

断食して一気に体重がおちても、それは一時的なもの。

 

イベント前などの裏ワザ、だと割り切っておきましょうよ。

 

 

 

いままで60キロだった人が、断食で2,3キロ落としたからと言って、いままでと同じ食生活だったら、やっぱり60キロになりますよ。

 

断食で落とした体重を、リバウンドなしでキープしようと思ったら、「筋肉が落ちないように、筋トレをする」「断食後の食生活を減った体重にあわせて調節する」ということをやってみましょう。

 

 

スポンサードリンク