アミノ酸の取り過ぎは胃に悪い?

スポンサードリンク

アミノ酸のとりすぎは胃に悪い?

ダイエットや筋肉を鍛える際にアミノ酸が高い効果を発揮してくれるという話はをよく聞くと思います

 

アミノ酸を摂取する事でトレーニングなどによる疲労を軽減して、体に負担をかける事なく体をつくれるので運動前・運動後に摂る事が効果的です。

 

 

だからといってアミノ酸を多く取り過ぎてもよくありません。

 

まず、過剰に摂取した分は体内で分解され尿となって排出します。

 

そして、特定のアミノ酸が血液中に増えすぎてしまうと、細かく分解する事が必要になり、腎臓や肝臓に負担がかかってしまいます。

 

 

腎臓に負担が増える事により慢性化して肝機能障害に繋がる事や、カルシウムの排泄量が増加して骨粗しょう症になるというケースもあるようです。

 

 

ヨーグルトなどに含まれるアミノ酸には胃の防壁を強くする、消化を手助けしてくれるといった働きをしてくれます。

 

けれども胃の消化が悪い状態で過剰に摂取してしまうと下痢に繋がってしまう事も考えられるのです。

 

何でもそうですが、適量が大切だと言えます。いくら体に良いからといっても限度や体質にあった量を摂取する事をおススメします。

スポンサードリンク