必須アミノ酸とは?【アミノ酸の効果と効能】

スポンサードリンク

必須アミノ酸とは「アミノ酸の効能と効果」

 

人間の体は20種類のアミノ酸の組み合わせにより たんぱく質となり、骨や血液、皮膚、内臓、ホルモン、神経物質などが作られています。

 

そのため体内でアミノ酸が不足をすると新しい細胞を作り出す際に悪い影響が起こるといわれています。

 

 

アミノ酸には必須アミノ酸(9種類)と非必須アミノ酸(11種類)があります。

 

非必須アミノ酸は体内で合成する事が出来るのですが、必須アミノ酸は体内で合成する事が出来ないため食事から摂取する必要があるのです。

 

 

必須アミノ酸の9種類あります。

 

トリプトファン(精神の安定を保つために必要な、精神を司る神経伝達物質の材料)

 

リジン (怪我や湿疹などの疾患を改善する効果があります。酵素や抗体。ホルモンの素材になります)

 

メチオニン (うつ症状を修復したり、鎮痛剤の取り過ぎによっておこるアセトアミノフェン中毒の修復効果)

 

フェニルアラニン(注意力や集中力を増やす効果)

 

スレオニン(成長を働きかける栄養素。不足すると成長障害に繋がります)

 

バリン (潜在的の肝性脳障害に対し、精神機能・運動機能を修復効果)

 

ロイシン(筋肉の増強 疲労回復、脂肪燃焼効果)

 

イソロイシン(運動中の筋肉の消耗を減少させる)

 

ヒスチジン(少ない食事量でも満腹感を感じる事が出来るのでダイエットに役立つと共に子どもや幼児の成長には必要不可欠なアミノ酸)

 

それぞれ効果が違うので、不足する事なく食事から補給する事が必要なのです。

 

スポンサードリンク